[ESP32][Arduino] SPI TFT液晶 ST7735 を使ってみる

ESP32 ArduinoでSPI TFT液晶with基板 ST7735 – aitendoを使ってみる事にします。

ただ、表示するのみだと楽しくないので
SD-CARDとTFT液晶を同時に利用して、動画を再生するサンプルを動かしてみる事を目標とします。

ESP32でSPI-SDCARD,SPI-TFT液晶での動画再生のサンプルを作成させている方がいます。
(ありがたや)
MhageGH/esp32_ST7735_Movie: Movie Player on esp32 and ST7735
このサンプルどうり配線を行い、TFT液晶をESP32 Arduinoで試してみることにします。


1. TFT液晶with基板 [M-Z18SPI-2PB]の準備
aitendo TFT液晶with基板 [M-Z18SPI-2PB]を組み立てます。

液晶のはんだづけは以下のサイトが参考になります。
Arduino(7) Arduino Pro MiniにSPI接続のカラーLCDをつないでみる: 楽しくやろう。

はんだづけの作業は、苦手だったのですが、
きちん理論的に教えてもらったら、不器用でもそれなりには…

まとめだけいうと
温度管理の出来るはんだコテ
(はんだが溶けた状態で保てる)

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600
白光 (2012-01-18)
売り上げランキング: 213

フラックスを正しく使う
(自動的に接点のみにはんだが流れてくれる)

の最小限の道具だけはあった方がよい感じです。
これがないと、はんだづけが嫌いになるだけだと感じます。
この2つがあれば、リワークが簡単になるので、お気楽にはんだづけが行えるので気がラク?

2. ESP32 DevKit-CとSDカード(SPI)とTFT液晶(SPI)の配線
MhageGH/esp32_ST7735_Movie: Movie Player on esp32 and ST7735
このサンプルどうり配線を行います。

この配線はいわゆるVSPIというもので

SDーCARDとTFT液晶をCSで切り替えて使っているようです。

ESP32 ArduinoでのSPIの使い方は以下のサイトが参考になります。
ESP-WROOM-32

3. TFT液晶のテスト
今回使用するaitendo TFT液晶with基板 [M-Z18SPI-2PB]
ST7735というチップで動いています。

Adafruitsさんが提供してくれているライブラリーで液晶の組み立てが
正常に行えているか、まずは確認してみます。
adafruit/Adafruit-ST7735-Library
サンプルコードを実行してみます。

ピンの設定のみ今回の接続に合わせて変更します。

無事液晶が動く事が確認できました。

4. SDカードTFT液晶動画再生サンプルを実行してみる

MhageGH/esp32_ST7735_Movie: Movie Player on esp32 and ST7735
のサンプルを実行してみます。

適当なmp4動画ファイルを macAppStoreから Total Video Converter Liteで
AVIに変換して、VMWare上のWindowsで
MhageGH/esp32_ST7735_Movie: Movie Player on esp32 and ST7735
付属のコンバータでdatに変換し、SD-CARDにコピーしてみます。

サンプルコードをESP32に転送して実行し、シリアルコンソールで確認してみます。

listコマンドでSDカード内のファイル一覧が確認できれば、
SDカードとの接続は問題ありません。

playコマンドを送り、その後ファイルパスを送ると
動画が再生されます。
(*play FILEPATH と一行に書いた場合は実行されないので注意)

再生できる事が確認できました。

投稿者: yoshimax

Software Engineer #Unity #iOS